ニキビ跡を消す健康保険対象の治療について

ある症状を改善するために治療法は様々なものがあります。それはニキビ跡を治療するときにも同様で、治療法は複数あります。

皮膚科を受診する際に知っておくこととして、健康保険対象の治療法と健康保険対象外となるものがあります。これにより治療料金もかわってきますので理解しておくとよいでしょう。

健康保険対象の治療法としましては、抗生物質をつかった治療があります。

抗生物質には聞き馴染みがあるものと思いますが、ニキビ跡治療では「アクアチムローション」、「カラミンローション」など外用剤が代表的なものです。患部である箇所に対して細菌を殺菌する働きをもって、にきびそのものの炎症を抑える効果あります。

また内服する抗生物質としてはアクロマイシンなどテトラサイクリン系をつかった治療があります。

このアクロマイシンがにきびのある患部で炎症を起こす脂肪酸をつくるのを抑えます。これによりにきびの症状悪化を防ぐことができるのです。

他にもニキビ跡を消す治療には、ビタミン剤をつかったものや、漢方薬を内服するものもあります。

ビタミン剤により皮脂の過剰分泌抑制による炎症を和らげ、ニキビ跡となる色素沈着も予防することができます。また、漢方薬も保険対象となることを理解しておきましょう。

いずれにせよ、ニキビ跡治療は開始とともに、すぐに結果があらわれ、きれいになるというわけではありません。長期的に継続して続けていくものとなります。

治療費負担を抑えるためにも、保険対象となっている治療法からはじめてみると良いでしょう。

もっと治療法について詳しく知りたい? >> 自分に合ったニキビ跡を消す治療を探す

Filed under: 肌トラブル — 9:49:00