卵巣のう腫の検査方法について

卵巣のう腫は症状が出にくく、発見しにくい病気です。

定期的に検査を受けることで、予防にも早期発見にもつながります。普段から自分の状態を知っておくことが大切なのです。

病院によって検査方法は違いますが、卵巣のう腫の検査は問診や内診、エコー、MRI、採血、レントゲン検査などです。

これらの検査を全て行うわけではなく、いくつか組み合わせて行い、その結果によって、卵巣のう腫であるかどうかの判断を下します。

これらの検査自体は、それほど大変な検査ではありません。しかし、診察台での検査は、未婚の女性にとっては抵抗があるでしょう。

お腹の上からなぞって画像で見る、超音波検査や採血による検査であれば、特に抵抗はないと思います。

超音波での検査は、妊娠中にも赤ちゃんの動きや位置を確かめることができます。ですので、卵巣のう腫の検査でも、ほぼ正確に判断できると思います。

診察台での検査がどうしても恥ずかしく、抵抗があるようでしたら、医師も無理にとは言わないので、話してみればいいと思います。

【関連ページ】
卵巣のう腫を調べる検査方法とは?
卵巣のう腫かどうか調べる際に行われる検査のやり方、種類について解説されているページ。

Filed under: 女性の病気 — 10:03:00