善玉菌とはどんな菌?

善玉菌は、良く耳にする言葉ですね。お腹に良い、腸内に住んでいる細菌だという事は分かっていますが、詳しい事はあまり知られていないのではないでしょうか。

善玉菌に対抗する悪玉菌という細菌がありますが、どちらも腸内細菌の事です。簡単に言えば、善玉菌は腸内環境を良くし、悪玉菌は腸内環境を悪くします。

善玉菌を増やす事は、悪玉菌を減らし腸内環境を良くする事に繋がります。

善玉菌とは、元々腸内に住んでいるビフィズス菌や乳酸菌などを指します。悪玉菌は、大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌などの事です。

ビフィズス菌も乳酸菌の一つなのですが、乳酸菌と区分されるのはその働きによる物です。乳酸菌は、分解する時に乳酸を作り出す菌の事で、しかも体に良い作用をする菌の事を言います。

それに対し、ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す菌の事を言います。

乳酸菌には、何十種類もの菌があり、それら乳酸を作り出す菌の総称が乳酸菌です。乳酸菌は、どこにでもいる菌で、漬物やヨーグルトなどの発酵にも一役買っています。

乳酸菌は、サーモフィルス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌など、ビフィズス菌は、ビフィダム菌、ブレーべ菌などがあります。それぞれの菌は、それぞれ特徴ある作用で、腸の健康を守っています。

善玉菌の代表であるビフィズス菌と乳酸菌ですが、乳酸菌よりもビフィズス菌のほうが、遥かに数が多く、腸内の健康を保っています。

ですが、ビフィズス菌は、年齢と共に数が減っていきます。そうなると、悪玉菌が増えて、腸内環境を悪くしてしまいます。

日常の食生活で、積極的に乳酸菌やビフィズス菌を摂取する事は、とても大事な事ですね。

Filed under: 成分・栄養素 — 9:57:00