夏バテ対策にクエン酸配合のフルーツジュース

夏バテ対策としても注目のクエン酸という成分はレモンや梅干しなどに多量に含有している成分として捉えられています。とはいうものの、これらは酸味が強くて不得意だという人も多いのではないでしょうか。

このような人は、違う食材でクエン酸がたくさん入っているものを調べておくといいでしょう。

酸味の主張が少ないものとして、リンゴやメロン、そして桃などがあります。柑橘系の果物には、大体多量に含んでいると思って間違いありません。

具体的には、みかん・いちご・グレープフルーツ・パイナップルと様々です。これらの野菜や果物は、ジュースとして飲むと、たくさんのクエン酸が手軽に取り入れられます。

夏バテ対策のために連日クエン酸を酢の物から摂取するのは飽きてしまいそうですが、フルーツジュースなら簡単に継続出来るのではないでしょうか。一度に摂るよりも、小分けにして取り入れるほうが高い効果が得られるとされています。

サラダや魚を食すときに、レモン汁を垂らす手間をかけてあげれば、これだけでもクエン酸を摂ったことになります。さらに、食後にデザートとしていちごやメロンを食べるように気を配れば、習慣化することが可能でしょう。

夏バテ対策としてはもちろん、美容効果も絶大なので、疲労時や肌荒れが気になる際にはぜひ実行してみましょう。

サプリメントで補給すればいいと思う人もいるかもしれませんが、事前に食生活が崩壊しないように注意を払っていると、すんなりクエン酸の摂取量が多くなるはずです。飲み物、食べ物の二通りで摂取出来るので、クエン酸を多量に含む食材を覚えるようにすれば、意外と摂取することが簡単な成分です。

夏バテ対策のやり方については、こちらに夏バテに色々役立つ対策法が書かれたサイトがありますので参考にしてみては如何でしょうか。

Filed under: 健康 — 10:12:00