神経性胃炎の薬物療法による治療法について

神経性胃炎の薬物療法は一体どんなものがあるのでしょうか。副作用や注意点などもあわせて調べてみましたので早速みていきましょう。
 
【消化剤を飲む方法】
神経性胃炎の薬物療法として消化剤を飲む方法があります。消化剤は、主に消化不良の場合や腸の活動が活発でない場合などに処方されます。

また消化剤によって健康な腸内環境になりますので、健康な便が排出されるようになります。

【整腸剤でお腹を整える方法】
神経性胃炎の薬物療法として整腸剤でお腹の調子を整える方法があります。これは、下痢や便秘の両方に有効な薬物療法です。

近年、下痢になっても毒素を出し切るという治療法が進められていますので整腸剤で便を出す方法が多くなっています。

【H2ブロッカーで治療する方法】
神経性胃炎の薬物療法としてH2ブロッカーが用いられることがあります。これは胃酸から胃を保護するために胃酸の過剰な分泌を抑えるお薬です。

主に胃痛で胃液がでる感じのキューっとした痛みがある方に処方されます。

【副作用について】
神経性胃炎の薬物療法での副作用は、その人の飲んでいるほかのお薬との飲み合わせなどで問題がなければ安心して良いでしょう。また、持病のある方は禁忌となっている場合がありますので、診察時に必ずお医者様に持病のことを伝えておきましょう。

【注意点】
神経性胃炎の薬物療法の注意点として、持病のある方でお薬を服用されている方は、一般的なお薬よりも効き目が穏やかなお薬を処方される場合があります。つまりは、即効性がないお薬を処方されるということです。

この場合は、他の人よりも症状が長くなるかもしれませんが、穏やかに効くお薬ですので時間と共に軽快していくことを静かに待つと良いでしょう。

副作用や持病についても考えなければなりません。病院にかかるときには、必ず自分の持病と服用しているお薬を伝えられるようにしておきましょう。

≪関連ページ≫
神経性胃炎の場合どのような治療薬で治していくのか?

Filed under: 胃腸の病気 — 11:41:00