ボンネット修理にかかる費用

自動車事故などで最も壊れるところというのは、ボンネットがやはり大半を占めるようです。そのほかにも飛んできた石があたるなどで、細かいキズがついてしまうことも間々あります。

屋外に停めている場合は特に、悪戯をされたりしてボンネットに損傷を負うケースもあります。車両保険に加入している場合には、落書きやいたずらで傷を負ったボディの修理費はその保険でまかなえます。

保険を使っても等級がダウンすることもなく、保険料金は据え置きなので利用するべきです。愛車のボンネット修理の際には、そのキズの程度にもよりますが、いくらほどのお金が要るのでしょうか。

微細な傷は3万円~5万円くらいの費用ですが、大きな損傷や中まで壊れている場合は10万円以上の金額がかかってしまいます。車のボンネットの修理を依頼する場合、見た目だけで判断してしまっては大変なことになることも少なくありません。

へこみが表面だけならば板金加工をお願いして格安で修理することはできますが、内部まで損傷している可能性があるからです。確かな技術のある整備士がいるところで見てもらうのが肝要で、簡単に考えないようにしましょう。

修理に中古車の部品を利用すれば、ボンネットの修理費も半額以下に抑えることが不可能ではありません。一番に、修理工場で一体どれ程の金額になるのかを見積もってもらいましょう。

愛車のボンネット修理の際には、キズの範囲以外にもその損傷具合によってもかかる費用が変わるので留意しましょう。

Filed under: 自動車 — 23:34:00