速い球を投げたいなら筋肉を鍛えることが大切

速い球を投げる為には筋肉を鍛えることが大切で、肩の筋肉を鍛えるにあたって最も重要な事は、バランスを調べるという事です。肩の各部位をよく観察し、個々の部位の状態に応じた筋力トレーニングをするとよいでしょう。

肩を鍛えるために腕立て伏せする人も多いですが、肩の前側にばかり筋肉がついてしまう事になります。投球は肩の前側だけを使うので無く、腕から肩までのすべてを使うので、前側ばかり鍛えるのはナンセンスです。

肩の前側を鍛えたのなら、今度は鉄棒を順手でつかんでぶら下がり、肩甲骨を下のほうに引いてキープする動きをしてみましょう。簡単な動きですが、肩の筋力を確実に必要とします。

筋肉を鍛えるときは、早く結果を出したいからといって無理な筋力トレーニングをしてはいけません。無理をしすぎるとすぐに肩は悲鳴を上げ、いざ本番という時に体の無理が利かなくなる事もあるのです。

速い球を投げる為の地味な筋力トレーニングでも、毎日ひたすら続けていれば、肩が十分に鍛えられ、投球は速くなっていくでしょう。

Filed under: スポーツの悩み — 11:32:00