水虫が好む状況とは?

水虫の菌というのは白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるもので、この白癬菌が住み着いてしまうことで起こるのです。

菌とついているもののカビの一種とされ、角質層に存在するケラチンというものを栄養源として、増えます。つまり、水虫になってしまったということは、患部にカビがついていて、そのカビが増殖した状況であると言えます。

ケラチンは皮膚にある成分ということから、皮膚ならどこでも水虫が発生する危険があるということを念頭に置いておきましょう。

しかし、白癬菌の付着によって必ずしも水虫になるとは断言できません。高温で湿度が高いといった白癬菌が好む状況になってしまった際に症状が現れることになります。

このようなわけで、「水虫は触ることでうつってしまう」ということが言われますが、触ってしまった場合は石鹸でしっかり洗い流すようにすれば、うつらないのです。

日本には高温多湿の状況がよく見られるため、これについても日本の人が水虫にかかりやすいという原因と考えられます。足が蒸れる状況が増える季節には、足に湿気がこもらないように対策を講じましょう。

靴下を履いた上で通気性が悪い靴を長時間履いていると、靴の中で足が蒸れてしまいますので、サンダルなど風通しの良いものを使いましょう。

冬の時季も、ブーツなどの厚くて通気性が悪い靴を履くことが多くなってしまいますが、足が不潔にならないように工夫が必要です。一緒に住んでいる人から感染することもあるので、家族の誰かが水虫であれば、気を配らなくてはなりません。

【参考ページ】
水虫の臭いの悩みを解消する為の対策法

Filed under: 皮膚の病気 — 15:28:00